>>【公式】Dr.STONEが全巻無料!

【ドクターストーン】ネタバレ201話のあらすじ感想考察!

ドクターストーンネタバレ

2021年6月21日発売「週刊少年ジャンプ」連載のドクターストーン201話のあらすじと考察です。

 

千空たちはニューペルセウス号を完成させ、ついに新天地へ向けて出発しました。

このまま順調に新天地へと辿り着くことはできるのか…?

 

前回までのあらすじ【ドクターストーン200話】

今後は3チームに分かれて作業を開始することが決まりました。

  • 超合金の街に残るチーム:鉱石を集めてロケットエンジンを進化させる
  • コーンの街に戻るチーム:アメリカ全土の全員を助けてコーン生産を軌道に乗せる
  • 新たな街へ進むチーム:大西洋を渡って世界を巡り日本到達までに宇宙船の素材を集める

 

千空はニューペルセウス号に乗って世界を巡り、宇宙船の素材を集めるチームになりましたね。

約1週間をかけての大西洋横断。

新天地で千空が待ち受けているのは何なのか…?

 

ドクターストーンネタバレ 【ドクターストーン】ネタバレ200話のあらすじ感想考察!

>>【ドクターストーン】ネタバレ200話のあらすじ感想考察!

 

【ドクターストーン】ネタバレ201話

ドクターストーン201話のネタバレです。

ざっくりとドクターストーン最新話の要点をまとめています。

 

今後の連絡手段は「モールス信号」

・3チームで分業することになるため、より連絡の重要度が上がる

→通信衛星は存在しないため、長距離になると通話は届かない。各メンバーはモールス信号を覚えることに。

 

ホワイマンからの新たなメッセージ

・千空たちが流す電波に反応してホワイマンから新たなメッセージが届く

→最初にホワイマンとの通信があったのも強い電波を流したとき

 

・「DO YOU WANNA DIE(死にたいのか)」

→あらゆる言語で返答を試みるもよびかけに答える気はないが、警告は行う。あさぎりゲン「ホワイマンは何らかの意思を持っている」

 

ホワイマンの居場所に乗り込むため月面着陸を目指す

・月面着陸のための三種の神器を作成することに

→「宇宙船」「宇宙服」「ロケットエンジン」。宇宙船と宇宙服の作成に必要な「蛍石」を入手すべく、スペインに向かう。

 

【ドクターストーン】ネタバレ201話の感想&考察

ホワイマンから新たなメッセージを受け取った千空たち。

メッセージの内容は「DO YOU WANNA DIE(死にたいのか)」。

そのメッセージを受けて、千空たちは月面着陸するための三種の神器を作成することに。

 

そんな201話のなかで特に気になった情報をまとめて考察します。

 

ホワイマンは架空の存在か?

ホワイマンのメッセージを受け取ったときは、決まって千空たちが強い電波を発しているときなんですよね。

そして、千空たちの問いかけには一切返答せず、ひたすらに警告を行うのみ。

果たしてホワイマンという人物は本当に存在するのでしょうか?

 

個人的に、ホワイマンというのは千空たちは自ら創りあげた架空の存在なのではないかと思ってしまうわけです。

例えば、強い電波を受信するとモールス信号で警告メッセージを流すような装置とかですね。

 

その装置を作った人物は、何らかの理由で文明を発達させたくないと考えているのでしょう。

全人類を石化して文明を無に帰した後、月に前述した装置を設置。

「強い電波を受信する=文明が発達している」わけなので、それに対して警告メッセージを自動で流すというわけですね。

 

一つ疑問点があるとすれば、約3700年も経った今、果たして装置が正常に動くものなのかということ。

ただメデューサという全人類を石化し、死をも超越する新時代の科学が存在しているので、あながち無理とは言い切れないところがあるんですよね。