>>【公式】Dr.STONEが全巻無料!

【ドクターストーン】ネタバレ4巻のあらすじ感想考察!

ドクターストーンネタバレ

ドクターストーンの単行本4巻のあらすじと考察です。

ストーリーのネタバレを交えながら、ドクターストーンの内容をまとめています。

 

前回までのあらすじ【ドクターストーン3巻】

司帝国からの偵察としてやってきたメンタリスト・あさぎりゲン。

敵か味方か分からない立ち位置に、今後どうなっていくのでしょうか。

 

さらに、村で語られている「桃太郎」の謎…。

どうやって村が誕生したのか、そこに住む住民はどこから生まれてきたのか。

散りばめられた伏線の数々に迫っていきます!

 

ドクターストーンネタバレ 【ドクターストーン】ネタバレ3巻のあらすじ感想考察!

>>【ドクターストーン】ネタバレ3巻のあらすじ感想考察!

 

【ドクターストーン】ネタバレ4巻

ドクターストーン4巻のネタバレです。

ざっくりとドクターストーンの要点をまとめています。

 

科学王国VS司帝国の勝敗を分けるカギは「あさぎりゲン」

・司帝国の偵察として千空の死を確認するためにやってきたメンタリスト・あさぎりゲン

→「千空は死んでいた」と嘘情報を獅子王司に流さなければゲームオーバー。なんとしても、あさぎりゲンを仲間に加える必要がある。

 

マグマがあさぎりゲンを殺害しようとする

・マグマに槍で突かれ、あさぎりゲンは重症

→懐に仕込んでいた大量の血のり袋によってマグマを欺き一命を取り留める。だが、重症でいつ歩けるかも分からない状態。あさぎりゲンが司の元へ戻らなければ「千空が生きている」と悟られる可能性がある。

 

・マグマはあさぎりゲンこそが「コハクの連れてきた妖術使い」だと思い、計画を実行

→コハクの異常な強さは妖術によるものと思っていた

 

あさぎりゲンが司の元へ戻り「千空は死んでいる」と嘘情報を流す

・千空と「コーラ一本」という薄っぺらな同盟を結び、あさぎりゲンが仲間となる

→あさぎりゲンは電気を作った時点で科学王国側につくと決めていたが、本人なりの格好の付け方

 

マグマがコハクを狙う理由は「御前試合」

・村では代々一世代に一度だけ大きな武術大会である御前試合が行われる

→御前試合の優勝者が巫女・ルリの夫となり、村の長となるしきたり

 

・マグマはルリの病状など関係なく長の座だけが狙い

→コハクはマグマの野望を打ち砕くため、御前試合に出場して決勝戦でマグマに勝利。御前試合は仕切り直しとなり再び1か月後に開催される。

※14歳以上の未婚であれば誰でも御前試合に参加可能

 

・科学王国民の男が優勝して村の長になればルリに万能薬を飲ませることは容易

→マグマに優勝させればルリに万能薬を飲ませることは困難になり、科学王国民のゲットすら夢のまた夢

 

・コハクがルリの年齢を「エイティーン」と発声している

言語に「日本語」と「英語」が混在している?

 

目標

御前試合に優勝して、ルリにサルファ剤を飲ませる

 

御前試合に備えて金狼と銀狼は修行を始める

・科学王国民の中でマグマに勝てる見込みがあるのは金狼か銀狼のみ

→コハクが2人を指導

 

・金狼は「近眼【ボヤボヤ病】」

 

ガラス作りを始める

・サルファ剤を作るにあたってガラスの作成は不可欠

→土器では薬品に耐えられない

 

・ガラスによって眼鏡を作成できる

→スイカの目は「近眼【ボヤボヤ病】」。スイカの被り物をしているのも、ピンホール効果によってピンボケを軽減している。

ピンホール効果

 

▼眼鏡の作り方

  1. 珪砂をすり潰して細かい砂にする
  2. 炭酸カルシウム(貝殻)、焼いた海藻、鉛を加える
  3. レンズ用の透明なクリスタルガラスの完成
  4. 細かく削って眼鏡のレンズが完成!

 

ガラスを加工して試験官やビーカー等を作成する

・サルファ剤を作るためには薬品に耐えうる器具が必要

→村の職人であるカセキが仲間になる

 

・科学器具が完成し、器具を揃えた化学研究所を入手

 

硫酸を入手する

・サルファ剤の最難関素材

→即死もあり得る危険エリアに足を踏み入れ、硫酸の入手に向かう

 

・槍の先に銀を加工(硫酸発見のためのセンサー)

→槍を前に歩き、先が黒く変色したらその場から逃げる

 

補足

▼硫酸の危険性が分かる具体例

硫酸エリアを調査に出た一団の先頭が靴ひもを直すためにしゃがんだところ、死んでいた

→しゃがんだ下に硫化水素がたまっていた

 

・硫酸を入手するためガスマスクを作成する

→千空とクロムのタッグで硫酸を採集する

 

「サルファ剤」作成に必要な材料は酒のみ

・これまでに入手した材料でロードマップを埋めていく

  • 塩を少し加えた硫酸を煮込み、出たガスを採集:塩酸
  • 湯の花を煮込んで、塩酸に加える:クロロ硫酸
  • 電気で塩水を分解:水酸化ナトリウム
  • 尿から採集:アンモニア

 

・残す素材は「重曹」「アニリン」「無水酢酸」の3つ

→どれを作るにも「酒」が必要

 

・御前試合で優勝すれば村から大量の酒が振舞われる

 

現在の目標

・サルファ剤の作成に必要な「酒」

・ルリにサルファ剤を容易に飲ませられる村の長という立場

を勝ち取るべく「御前試合」で優勝する

 

御前試合が始まる

・ルリが「千空」という名を知っている

ルリは村には存在しない「苗字」という文化も知っている

 

・マグマの手下・マントルの嘘によって、コハクは村の外に出ていく

→コハクの試合が始まるまでに戻らなければ失格

 

【現在の進捗】

サルファ剤

 

【ドクターストーン】ネタバレ4巻の感想&考察

ドクターストーン4巻で、一気に万能薬である「サルファ剤」の完成間近にまできましたね。

その他、気になる情報もいくつか出てきています。

そんな4巻で特に重要な情報を細かくまとめています。

 

ルリが「千空」や「苗字」という文化を知っていた

ルリが

  • 「千空」という名前を知っていたこと
  • 村には存在しない「苗字」という文化を知っていること

これが非常に謎ですね。

 

3巻で改変された「桃太郎」が伝承されていることを考えると、何者かが「桃太郎」のような昔話で「千空」や「苗字」という文化を伝承させていったという可能性もあります。

ですが、「桃太郎」が危険な猛獣を知らせるための伝承というなら理解できますが、「千空」や「苗字」は何のために伝承させたのかが分からないんですよ。

 

なぜルリが「千空」を知っていたのか。

なぜ「苗字」という文化を知っているのか。

御前試合で優勝すればルリから直接聞ける機会が得られそうですね。

 

コハクが数字を英語で言う理由

コハクが数字を口にする際だけ英語で発声するシーンがいくつかあります。

  • 「3(スリー)」
  • 「18(エイティーン)」

 

千空たちが村の住民と日本語で話していると仮定すると、コハクは「日本語」と「英語」が混在した話し方をしていることになります。

 

ということは、

  • コハクの祖先には日本人の他に、英語圏のアメリカ人やイギリス人も含まれている
  • 「桃太郎」のような伝承話に英語が含まれている

という可能性も出てきますね。

 

コハクやルリが金髪で、容姿が日本人離れしているということからも祖先に外国人が含まれている可能性は高そうです。

ただ、数字のみを英語で喋るというのが少しひっかかるところ…。

コハクやルリの出生の秘密が明らかになれば、これらの謎も分かるのかもしれません。